ペンションヴァンブランのブログ

電話予約 0241-32-2224 (am7-pm11)

バックカントリー, ペンションの生活

残雪残る磐梯山/八方台より

 

 

今日は磐梯山へ登ってきました。

ルートは八方台から弘法清水を経て磐梯山までの往復

 

出発!

 

途中硫黄の臭いがすると、中の湯が見えてきます。

今は使われていませんが、通るたびに温泉入れたらと思うのです。

 

中腹の弘法清水からは残雪の急登ですがアイゼンを使うほどでもありません。

八方台から2時間少しで山頂に到着

眼下には猪苗代湖が見え、田んぼに空が反射してきれいです。

360°の展望はいつ登っても見とれてしまいます。

 

磐梯山へのアクセスは今日のルートがおすすめ

あと2週間もすると花も咲き、本格的な夏山へとなる磐梯山でした。


お風呂に入ってくなんしょ

 

 

庭の桜がやっと咲き

少し遅い春がやってきています。

 

その庭の一角に露天風呂があり、今回はその紹介です。

 

館内からは直接行けず、庭を横切って露天風呂まで行きます。

少し面倒ですが、

最大4名まで入浴できますが3名ぐらいがいいでしょう。

お子様と一緒に入れば旅のいい思い出にもなると思います。

 

貸切になっています。

入ってくなんしょ。


魔女の目覚め/浄土平

 

 

先日までバックカントリーで滑っていた浄土平に不思議な名前の沼があります。

 

その名を魔女の瞳

別名五色沼とも言います。

 

雪解けが進むと目覚める魔女さんに会いに登ってきました。

 

駐車場からしばらく登ると残雪が現れますが、アイゼンなしでOK。

90分ほどで一切経山のはずれにある沼に到着

沼は薄っすら雪をかぶって、魔女さんは目覚め途中ってところでした。

来週前半には、きれいなブルーの瞳が現れるでしょう。

 

帰りは鎌沼経由で下ります。

鎌沼周辺もまだ雪が多く、花はこれかでしょう。

ここはいつ来ても、きれいな風景が堪能でき、

名前のように浄土の山行が楽しめます。

 

次回は花の季節に登ろう。


私たちが書いています。

オーナー