ペンションヴァンブランのブログ

電話予約 0241-32-2224 (am7-pm11)

ワイン

6月はアペリティフの日

フランスでは、6月にアペリティフの日と言うものがあるそうで、

6月の第一木曜がその日です。

 

アペリティフとは、食前酒という意味

 

気のあった仲間が集まり食事を楽しみ、その食事の前に飲むものがアペリティフです。

 

アペリティフに合うものは、軽めのアルコール分が低いもの。

スパークリングワインもいいですね。

 

ヴァンブランでも6月1日から6月30日まで

 

「アペリティフの日」

 

を開催します。

 

ヴァンブランらしく、ワインを選んでみました。

今回選んだワインはフランス/ボルドー産の赤

シャトー ラ・ロングア 2013年

 

味は中重め、フレッシュな野いちごを思わせる香りも楽しめ、

軽めではないけれど、

後から出てくる料理に合わせてこれを選んでみました。

 

やっぱり食事は楽しいおしゃべりが一番

このワインならそれも可能になるかと思います。

 

気のあったお友達と6月はアペリティフで楽しみましょう。

 

詳細はこちらへ


春のワイン入荷

来週はもう3月ですね。

裏磐梯も少し春めいてきました。

 

今日、春先におすすめしたいワイン達が入荷してきました。

中でも、写真中央の

 

チリ産白ワイン、クレマフスキー2017年

 

ブドウ種はシャルドネで、本場フランスのシャブリをしのぐ程によく出来たワインです。

最近は白を好むお客さんも増え、まさに本命の1本です。

 

右のハーフサイズのワインは、

 

フランス/ブルゴーニュー産の赤、ブドウ種はピノ・ノワール

 

こちらはミディアムボディ(中辛)ですが、ブドウ本来の果実味が感じられるワインに仕上がっています。

色も少し薄い赤で、春のイメージです。

 

他にもいろいろなワインを取り揃えています。

この機会に、ワインの世界を広めてみてはいかがでしょうか。


冬期限定ホットワイン

連日寒いです。

 

こんな時は、こちらはいかがですか。

ホットワイン

 

ドイツではグリューワインとも言います。

 

赤ワインにフルーツやハーブ、そして蜂蜜を入れて作ったワインです。

ハーブには体を温める作用があり、まさに寒い裏磐梯にぴったりの飲み物です。

 

温めて飲むのですが、ちょっとしたコツがあります。

鍋に入れて火にかけると、肝心のアルコール分が蒸発してしまうので、

 

電子レンジがおすすめ。

 

ほんのり湯気が立つ程度が美味しく飲むコツです。

 

是非どうぞ。

 

ホットワイン

 

 


私たちが書いています。

オーナー