ペンションヴァンブランのブログ

電話予約 0241-32-2224 (am7-pm11)

ワイン

来た!ボジョレーヌーボー

昨日、ボジョレーヌーボーが届きました。

早速、その出来具合を、

 

と思う先に、

 

そもそも、ヌーボーは、味を楽しむと言うより、その年の出来を確認する意味があります。

毎年、キャッチコピーで、

「何年に一度の出来」

とか言うのを見かけますが、あれですね。

 

そんな訳で、コルクを開けると、

その瞬間、ヌーボーらしからぬ鼻をくすぐる良い香りがします。

あえて言うなら、フレッシュなリンゴみたいな香りです。

 

色は、透明感のあるルビー色、少し濃く感じます。

 

口に含むと、若いタンニンの渋みなのか、ブドウの酸味なのか?

私には、この区別がよく分からないのですが、いい感じです。

 

第一印象は、昨年と比べるとしっかりした味、特に酸味が印象に残りました。

 

飲み方は、

ヌーボーらしいフレッシュ感を味わうなら、チーズとパンがあれば十分です。

この機会に、いかがですか。

 

http://www.p-vinblanc.com/feature/nouv.html


もうすぐボジョレーヌーボー

11月と言えば、

ボジョレーヌーボーの月です。

 

今年の解禁日は、11月16日(木)ですが、愛好家は1日でも早く飲みたいと思っているんじゃないでしょうか。

 

さて、毎年話題になる、

 

出来

 

のお話です。

 

インターネット時代の良いところで、その辺の情報はすぐに調べることが出来ます。

 

 

今年は、どこも天候が悪かったようですが、それは前半の事。

後半は、持ち直し大きな病害虫の発生もないようでした。

 

雨不足が懸念されていましたが、

ブドウにとっては、それが幸いして、凝縮された味が期待できそうです。

 

凝縮感のある酸味

 

今年のヌーボーは、こんな出来でしょうか。

私の予想なんで、ハズレるかもしれません。

 

それでも、16日が楽しみです。

 

http://p-vinblanc.com/feature/nouv.html


チョコレート・チューブ

れっきとしたワインの名前です。

 

名前から想像すると、甘いかと思うが、実際は辛口。
それも濃厚が、二つ付くほど濃いのです。


正式には、チョコレート・チューブ・プリミティーヴォ 2015年

 

イタリアのプーリア産のワイン。

場所は、イタリアのかかとの所です。
この地区のワインは極端な二種類のものがあり、南側は軽めのロゼや白が有名。
片や、北側は濃厚なワインが産出されています。

 

 

肝心の味は、
グラスに注ぐと、ほのかにカカオが香り、名前の通りチョコレートのワインかと思ってしまう。

一口飲むと、それは完全に打ち砕かれ、辛口の赤ワインと分かる。

抜栓してから少し置いた方が、酸味の角が取れて濃厚ワインらしくなる。

 

品種はピリミティーヴォ。
【一番目】とか【最初】の意味があるらしい。

 

どうも、この品種は速く熟することから付けたれた名前のようです。
ビンテージは2015年となっているが、味は早くも熟成の域に達しています。
そして、アルコールも14.5%と高め。

早くも、ほろ酔いかげん。

 

料理も、バターや生クリームをたっぷり使ったソースと、それに合った素材を使えば、相性ばっちりの組み合わせになるでしょう。
濃厚ワイン好きな方には、是非飲んでいただきたいワインです。

 

ついでに、6月はアペリティフの日、と言うイベントの紹介。

こちらもご覧ください。

6月はアペリティフの日

 

 


私たちが書いています。

オーナー